株式会社植松電機という会社の理念が素晴らしい

失敗の数々は成功への大事なデータベース

株式会社植松電機の社長、植松勉さんの「企業理念」が素晴らしい。

「夢」とは何かと考え続けた結果、「夢」とは従来のない考えを達成していくことだと考え、ロケットを売る会社を北海道に作った。

常にこれまでにないことに挑戦し「どうせ無理」というよりも「だったらこうしてみたら」を追求する常にチャレンジャーとしての言葉は、常に勇気を貰えます。

(植松さんの講演より)

やったことがないことを試すと失敗するんです。

でも失敗を乗り越えるのは簡単なんです。

まずは、失敗したらどうするの!

という言葉に負けてはいけません。

これはなんの意味もないくだらない言葉です。

大事なのは「失敗したらどうすればいいのか一緒に考えよう」という言葉です。

例えば旅行に行くときに「雨が降ったらどうするの!」と言ってる場合じゃないですね。雨が降った時のことを考えたらば、雨具を用意出来るじゃないですか。

スケジュールを変えられるじゃないですか。

人生も一緒なんです。

これからどうなるんだろう、って考えても何もならないんです。

そんな時は嫌な未来を見つめるんです。

そうすればどうしたらいいのかわかるんです。

自分の都合のいい未来ばかり見てたらいけません。

嫌な未来を見つめたら、準備が出来るんです。

準備すれば心配要りません。

ですので考えれるだけ準備をしてください。でも、それでも失敗するんです。そういう時は、失敗に「罰」を与えてはいけません。

なぜなら罰は嫌ですよね。

それを考えると、何も出来なくなりますよね。

または失敗を隠すようになります。

または失敗を自分のせいにしてもいけません。

自分を責めても、人を責めてもなんにもなりません。

大事なのは「なんでだろう?こうしてみたら?」なんです。

ロケットエンジンが何度も爆発し失敗した時、僕はそれを開発した人に責めるんじゃなく「なんでだろう?こうしてみたら」と言い続けました。

そうすると最後には、みんな自分で考えて何でも出来るようになりました。

だから失敗はいつも成功することへのデータなんです。

だから、失敗した時は自分も他人も責めず「なんでだろう?こうしてみたら」と考えてください。

関連記事

  1. 死生観(2)

    ここ数ヶ月の間に、親しい二人の生死を体験した。一人は13年間様…

  2. 1・17苦難の道をたどり地域を元気に 神戸・長田の病院が再出発

    去年に母親が股関節骨折で手術入院を繰り返し、すでに10ヶ月お世話になっ…

  3. 元XJAPANのToshiの「洗脳された12年間」という特番を観た

    今日の金スマスペシャルで元XJAPANのToshiの「12年間の洗脳生…

  4. とりの巣カフェリターン

    年末になり来年の新作映画の企画のお話が二本来た&#x1f60a…

  5. シュレッターズハイ

    以前会社の従業員の女の子で不要になった書類をシュレッターにいつもかけて…

過去記事

ご訪問ありがとうございます!

  • 90現在の記事:
  • 2今日の訪問者数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 0昨日の訪問者数:
  • 0昨日の閲覧数:
  • 5575総訪問者数:
  • 10778総閲覧数:
  • 3.29一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2017/11/20カウント開始日:
PAGE TOP