そんなんやからそんなんやの法則

ここ最近、アメーバーブログをしていた人がWordpressという独自サーバーを使うブログへ移行したいという要望を聞き、移設代行をしてあげてた。

一人は女性の大野早織ちゃん、もう一人は数日前に大野ちゃんから紹介してくれた中村祐介さんという書道家の方。

何か最近ではアメブロのアカウントが突如消されるということで、Wordpressという独自サーバに設置するWordpressのニーズが高まってきているという。

そんな感じでまず大野ちゃんが移設の依頼をしてきた。彼女は僕が主宰しているSBアカデミーというウェブスクールの受講生なので、当然僕がサポートしてしてあげた。その大野ちゃんの関係で中村さんも僕のスクールに入学して、ブログの移設を依頼してきたという次第。

10497358_1434052820216349_925427874187027260_o

二人は男女という違いと、職業も全然違うわけだけど、二人のブログを作業する中で見ていると色んな共通点を見出せた。こういう処が人のブログやサイトを触る点で、僕なりにおもしろいんだ。

その二人の共通点というのは、とにかくブログ記事が膨大だということ。大野ちゃんは1200記事くらいで、中村さんも700記事くらいあった。引き受けた時には、まさかそんな記事数があるとも思ってなかったけど、データ移設の際には正確な記事数もわかる。大野ちゃんは2011年のまだ針灸学校に行っている時からブログをはじめている。そして国家試験に合格して開院するまでのすべての道のりをブログに綴っている。まさしく彼女の起業記録みたいなもんだ。それが万が一でも無くなってしまえば、それこそ大変なショックだから事前に備えたということだろう。

中村さんの方はブログの開始は2013年5月だから、まだ1年と少しくらいだけど記事数は多い。1日に書ける時は数記事書いているということだ。そして記事の中には、物事を継続する大切さを幾度も綴られており、それはまるで自分が成し遂げたいことを自分自身で鼓舞するようなパワーが伝わってくる。

そして二人とも自分が長くブログを継続してきたことを自慢することなく、さらに淡々と継続することだけを考えているように見える。

人の中には「僕は、けっこう頑張っているんですよ」とか「これでも努力しているんですよ」という人は多い。でも、そういう人の話をよくよく聞いてみると「え、努力ってたったそれだけ?、ショボッ」とびっくりするような人もよくいる。確かに努力はしていることは認めるが、努力があまりにも小さすぎるんだよ。

大野ちゃんも中村さんにしろ、すでに多くのお客さん(ファン)を持ち、規模は個人規模だけど事業は順調に伸びている。大野ちゃんなんて2ヶ月先まで予約が埋まっているという。

「もっとサッカーが上手くなりたい!」

と、最優秀選手に選ばれたサッカー界の帝王こと三浦知良が、インタビュアーに「今一番望むことはなんですか?」と聞かれた時に、そう答えたのがとても印象的だった。

まさしく常に上に向かって努力している人は、さらに上を目指そうと努力する。そして本当に努力が必要だろう、と思う人に限って努力や継続は全くしない。

そして確かな実績を残す人は、努力を努力とも思わず「当たり前のこと」と認識しているので、あえて自分から「ワタシはこんなにも努力してるんです」みたいな言葉が出てこないのだろう。そういうことは全く意識にないんだ。意識していることは、ただ進化することのみ。

努力も継続もしないで、ただその言い訳だけは上手い人のことを「そんなんやからそんなんやの法則」という。

そんな程度だから、いつまでもその程度なんだよ、と。

優秀な人を、教えたり指導するということは、逆にこちらが教えられることが多い。努力しない人を教えることほど疲れることは無いし、継続せよと教えていることから逃げ出された時のダメージは物凄く大きい。

まあ、そういうことは数え切れないほどあったから慣れたけどね。

だからこそ、その継続出来る全体割合の5%に入れば大成功するんだよ。

「する」「しない」の差は、わずか5%だ。

野球選手の3割打てるバッターと2割5分のバッターでは年俸が桁違いであるように。人間なんてそうそう能力に違いはない。あるのは「続けることが出来る」か「諦める」かだけだと思う。その差はたった5%。

最後まで諦めなかった人が、ゴールに辿りつくだけなのだ。

「才能とは続けられること」

とは集中力の天才将棋師、羽生義治の言葉だね。

10433313_1434054990216132_5141129219256182433_n

関連記事

  1. 陰陽師

    先日の東京出張の最後に山崎さんにナミさんって方をご紹介されました。…

  2. シュレッターズハイ

    以前会社の従業員の女の子で不要になった書類をシュレッターにいつもかけて…

  3. はっぽうやぶれ

    先月8月上旬、術後に母親が危篤になり深夜病院から呼び出された。…

  4. あんたと一緒に、もっと生きたい!

    最近、僕は毎日病院通いをしています。と言っても僕自身が体調が悪い訳では…

  5. 死生観(2)

    ここ数ヶ月の間に、親しい二人の生死を体験した。一人は13年間様…

  6. チャンス

    僕は女性がセンス良くつけている香水やコロンがとても好きです。…

過去記事

ご訪問ありがとうございます!

  • 34現在の記事:
  • 2今日の訪問者数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 0昨日の訪問者数:
  • 0昨日の閲覧数:
  • 5575総訪問者数:
  • 10778総閲覧数:
  • 3.29一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2017/11/20カウント開始日:
PAGE TOP