ビジネス

猿も木は持てん!

【猿も木は持てん!】

その昔、

「お姫様ダッコして!」

と言われ、無理だろうなと思いつつ挑戦したら、、、

やっぱりその重さに前のめりになって落としてしまった。。。

人間、気持ちはあってもやはり無理なものは無理だということをその体験で学んだ。

しかし、同時にその時思ったことは「考えてみれば自分というものはお姫様ダッコに限らず、圧倒的に自分で出来ることより出来ないこと」の方が遥かに多い。

それは僕だけが出来ないことが出来ることより多いのではなく、ほとんどの人が生きていく中で出来ることよりも出来ない事の方が圧倒的に多い。

例えば美味しいお米を作ること、乗りたい自動車を作ること、病気を治すこと、家庭で出たゴミを処理すること、目もくらむようなダイヤの指を作ること、36kmある家と会社を毎日60分で移動すること、などなど。。。

そして、その自分がどうしても出来ない事でも、時と場合によりその出来ない事を熱望して手に入れたい場合が多々ある。

それを多くの人は【代価】という形で社会の中から購入し満足を得る。

時には自分が必要な出来ないモノは、金額に関係なくどうしても手に入れたいものがある。それを俗的に「金に糸目はつけない」という高額な交換となる。

そして、その循環がすなわちサービスという形になったり商品という形になるのだ。

というビジネスの根本的な形を、僕はお姫様ダッコで女を落としたことからビジネスの真理として理解し、今もなおその考え方が基本でどんなビジネススキームも構築していく。

まさしくリンゴが木から落ちるのを見て万有引力を導いたニュートンのごとく、僕はお姫様ダッコで女を落としたことによりビジネスの真理を見出したのだ。

んなことを痛がる女を尻目にフリチンで腕組みして考えてた俺って、やっぱ変なんだろうか?(^^;

【猿も木は持てん!】

※原典「猿も木から落ちる」

関連記事

  1. ビジネス

    僕流起業のすすめ、規制枠を越えて考える人になろう(2)

    日本の現代教育の形を作ったのは、戦後のGHQ(連合国軍最高司令官司令部…

  2. ビジネス

    僕流起業のすすめ、規制枠を越えて考える人になろう(3)

    戦後、日本を統治していたGHQ(連合国軍最高司令官司令部)により日本は…

  3. ビジネス

    映画のすべてを知り尽くしたディズニーが作った『アナと雪の女王』

    ディズニー・アニメ映画『アナと雪の女王』がジブリ『千と千尋の神…

  4. ビジネス

    僕流起業のすすめ、規制枠を越えて考える人になろう(1)

    僕は今起業を勧め、起業するやり方、独自ビジネスを展開する方法などを教え…

  5. 宣伝媒体は使う時代ではなく創る時代です

    ▲僕が独自で制作している「フェイスブック・コネクション」番組…

  6. ビジネス

    伝わる文章、伝わらない文章

    僕はビジネスを教える中で「表現力」を養うことを最も重要視する。…

過去記事

ご訪問ありがとうございます!

  • 33現在の記事:
  • 2今日の訪問者数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 0昨日の訪問者数:
  • 0昨日の閲覧数:
  • 5575総訪問者数:
  • 10778総閲覧数:
  • 3.29一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2017/11/20カウント開始日:
PAGE TOP