深夜の金木犀から思いを馳せて

122353033950616132166

この季節になると街を歩いていれば、ふと足を止めてその匂いの先を探したくなる香りに出会う。その香りは静かになんとも言えない郷愁の感があり、物事から雑念を払って心落ち着けてくれる。

今も外出から帰ってくると、エントランス付近でこの香りが漂ってきた。それは金木犀の香り。一つ小枝を失敬して家に持ち帰る。

その匂いはまさに静かに「心の気を引く」という感じだ。その香りを放つ小枝を10オンスタンブラーに刺して自分の部屋に置く。

しばし癒しの時間かな。

そして目を閉じていると、香りというものから次々と連想が湧き起こる。僕はこういう時間がとても好きだ。そういう時は、次々と湧くイメージを押し殺したりしないで浮かぶに任せて楽しむことにしている。

香りから連想するのは、まずは香水を綺麗に身につけている女性だろう。

あまりキツイ香りをプンプン振り撒いている女性は苦手だが、上手にオシャレに身に纏っているいる人はセンスがあり魅力的だと思う。しかし、これがなかなかいないものなんだ。

僕がこれまでに一番上手に香水を身につけていると思った女性に、その香水の名前を聞いたことがある。彼女は石野まこの従姉妹にあたる女性だった。石野まこはかわいいという感じだったが、その従姉妹に当たる人は「美人」という形容が相応しい人だった。

彼女がつけていた香水はシャネルの「クリスタル」というものだった。

甘い感じではなく凛とする爽やかな印象を受けたものだ。たぶん誰がつけても良いというものではなく、彼女の付け方が上手かったのだろう。

そして僕の空想は、しばしその女性の面影を追うことになる。

僕は以前「香り」をモチーフにしたドラマを書いたことがある。そのドラマのストーリーは、一人の青年が過去に愛した女性を探し歩くというものだった。青年はわずかな期間一緒に暮らした女性が身につけていた香水の匂いだけを手掛かりに街を彷徨している。

とあるBARで、横に座った女性が探し求めている女と同じ香りをつけていた。青年はその女性に香りの名前を聞く。その香水の名前が「プール・ムッシュ」ということを知る。青年は困った末に探偵に女の捜索を依頼するが、なにせ手掛かりが偽名のような彼女の名と香水の名前だけということで、半ば探偵もお手上げ状態になるが、思わぬところからその女性の居場所を見つけるという内容。

その探していた女性を見つける「鍵」が、このプール・ムッシュという名前の香水の秘密にあるというのがミソなのだ。ちなみにそのドラマの題名は「残り香の記憶」と言い、某局からオンエアされました。

このドラマの元になった「プール・ムッシュ」という香水は、当時付き合っていた女性から教えられたもの。そして僕の連想は、当時その香水を教えてくれた女性の面影を追想する。(未練多らしい訳じゃないよ。思い出を楽しんでいるんだよ♪)

僕自身は香りを身につけることは少ない。

興味がないというよりも、無頓着なのだろう。時折付けたりもするが、そんな時は往々にして気まぐれです。つけていると言ってもコロンの類がほとんどで、香水と呼ばれるものはなく、トアレがひとつあるだけ。

そのトアレは以前付き合っていた女性に貰ったものだ。

貰って時折つけてみた。

確かに香りは気品があり、悪いものではない。が、まだ僕がつけるには年がいってないというか、僕自身風格がないように感じて置いておくだけのものとなっている。

ちなみにそのトアレはディオールから出ている「Fahrenheit」という名前のものです。戸棚から「Fahrenheit」を取り出し、箱を開け少し香りを嗅いでみる。どんな匂いでも不思議と、何か自分が持っているイメージを引き出すものだ。

雨で濡れた草木の匂いは、小学校の通学でまだ緑の多ったあの頃に遡る。銭湯独特の湯船の匂いも、友達と遊びながら通った子供の頃に返る。

手に持つ「Fahrenheit」の箱の名前を見ていると、その名前の理由が知りたくなってきた。知りたいと思えば、どうしても知りたい性格なのでPCの前に座り直し「Fahrenheit」という名前を検索する。

調べてみるに「Fahrenheit」がドイツ語で意味は「華氏」だということを知る。

はて、なぜに「Fahrenheit」が「華氏」なのであろう?

まずは、「広辞苑第四版」(岩波書店)の「カ氏」の項を見てみる。

「カ氏 (創始者のドイツの物理学者ファーレンハイト(Gabriel Daniel Fahrenheit)の名に中国で華倫海の字を当てたことから)カ氏温度の略。華氏。」

ははん、ファーレンハイトとは人の名前で、華氏という温度体系を作った人なんだ。

そして「ファーレンハイト」に中国語の発音で「華倫海」の字を当てたことだったのか。

なるほどなるほど。

そして「中日辞典」を引いてみると、「華」の発音は「hua」であることがわかる。

つまり「ファーレンハイト」の「ファー」に「華」(hua)の字を当てたのだ。そういうことかいと深夜一人で合点する。

しかし、なんでこの香りに「ファーレンハイト」(華氏)なる名前がついたものかという疑問がいまだ残る。

とりあえず、香水の説明書なるものを再び検索すると・・・

熱砂と凍土、規範と放埒。支配と服従、一瞬と永劫、饒舌と沈黙。すべての矛盾を巧みに調和させる強く、そして繊細なその香りファーレンハイト。

それは「華氏」既存のルールにとらわれず氷点と沸点の間を自由に行き交う現代(いま)を生きる男たちへ

香り・・・さんざし、ハニーサクル、白壇、西洋杉、乳香樹、安息香。乾いた花とエキゾチックな木の香気からなる、類い稀なその香調は、豊かさと清澄さをあわせもつ、バルザミック ウッディフローラル。新しい価値観を模索しはじめた男たちに贈ります

はあ!

しかし判ったようで判らぬ解説が出てきたもんだ・・・

香水も、女性も、物事の意味も不可解な方が趣(おもむき)があって、興が尽きないということかな。

そう思わないと秋の夜長は眠れなくなりそうだ。

関連記事

  1. 「レディ・ジェーン・グレイの処刑」の絵の怖さを考えてみた

    Yahoo1ニュースを読んでいたら上野の森美術館で「怖い絵展」…

  2. 人生のライフコード・人生を解く鍵(1)

    人生にはライフコードというものがある。 (さらに&hell…

  3. 己の命に心理を問へ!

    伯父のお葬式が滞りなく終わりました。お悔やみを頂きまし…

  4. スマホを置いて街に出よう!(スマホやSNSに潜む現代の危険性)

    僕が主宰しているビジネススクールでは、これから起業してインターネットを…

  5. 「恋愛」とは(2)

    恋愛という言葉は「恋」と「愛」という二文字で出来ています。そして順番が…

  6. ここ最近最も嬉しかったメール

    昨日、「ともいきネット」について書きました。 「ともい…

過去記事

ご訪問ありがとうございます!

  • 28現在の記事:
  • 2今日の訪問者数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 0昨日の訪問者数:
  • 0昨日の閲覧数:
  • 5575総訪問者数:
  • 10778総閲覧数:
  • 3.29一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2017/11/20カウント開始日:
PAGE TOP