なぜ最近の流行歌は聞き取れないのかという原因を探ると(2)

09

僕は今53歳であり、僕たちの年代はその生きている中でインターネットなり携帯電話というものが突如現れた。そして、それを使う内に生活習慣やら人との交流の在り方が違ってきた。ということを体感している。

しかし今の40歳以下の年齢というものは、生まれながらにしてインターネットの環境はあり、早ければ中学生でマイスマートフォンを持っている。

そしてその携帯電話は、当初の頃に比べて何が一番違うのかと言えば「通信速度と通信容量」だ。今では大量のデータも高速回線で瞬時に送れる。動画という昔ではやっとのことで数分見れたものが、今ではストリーミングで簡単に滞りなく見れる。ISDNの頃から、考えれば凄い進化だ。

もっと極端に言えば、僕たちが生まれた頃、幼い頃というのは電話すら無かった。こんなことを言えば、若い人たちからいつの時代の人間だと言われそうだけど。。。敢えて言おう。

僕はこの育った「環境の違い」で、人間そのものが変わったと思うようになった。

解りやすい例として「待ち合わせ」という状況を考えよう。

僕たちがまだアナログにどっぷり浸っていた頃、人との待ち合わせにはとても気を使ったものだった。即時の連絡手段が無いものだから、事前にかなり用意周到にお互いが準備していなくては会うことが出来ない。

時間はもちろん、落ち合う場所も「どこそこの喫茶店の前」みたいにピンポイントでお互いが把握して置かないと落ち合えない。

特に好きな者同士の恋人などの待ち合わせは、それこそ必死だった。会えない場合は現場でリカバリー出来ることはそうそう無いので、何度も何度も場所と時間を確かめ合った。

しかし、今の若い人たちは会うと言っても大よその時間に大体の場所だけを決めるらしい。「あとはLINEで」とか「時間になったらメールする」くらいのアバウトらしい。そして落ち合う時間になると、お互いがLINEなんかでパッパッと連絡し合い、上手く会うという寸法だ。

まあ、僕も今となれば御多分に漏れずそうしている。

携帯電話が無かった頃を経験している人は、その頃の友達との交流状態を考えてみて欲しい。会えない時間、会えない日の方が当然はるかに多かった。けど、今はどんなに離れていてもfacebookみたいなツールで、リアルタイムで相手が何をしているのかという状況もすべてわかる。

ということは、分かってしまうのだから推測したり思い描くという事をしなくて済むようになったということだ。

昔流行った流行歌で「会えない時間が愛育てるのさ♪」という、相手を知りえない時間というのがそもそも無くなったんだ。

これは当然すごく便利になった、とは単純にわかる。

しかし、便利になった分知らずに無くしているものは無いのだろうか?

つづく

関連記事

  1. なぜ最近の流行歌は聞き取れないのかという原因を探ると(5)

    facebookとかLINEとかいうコミュニケーションツールな…

  2. 売る力(販売力)

    人間が生きていく上で当然必要なのはお金でしょう。なぜお…

  3. 痛車?萌え車?でもそのクオリティーはスゲーΣ( ̄ロ ̄lll)

    母親の見舞いに行く最中に長田の商店街を通る。珍しく商店街でのイ…

  4. 強いイメージングはマイナスになるという事実

    先日行った僕のセミナーの中でのワークで、なぜ多くのプレゼンをして貰った…

  5. 君が代 / 本の紹介

    今読んでいる本。サブタイトルにその音霊は、潜在意識を高次元へと…

  6. なぜ最近の流行歌は聞き取れないのかという原因を探ると(4)

    昔の歌と今の歌の違い、これは歌そのものの作り手と、その創作過程…

過去記事

ご訪問ありがとうございます!

  • 29現在の記事:
  • 2今日の訪問者数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 0昨日の訪問者数:
  • 0昨日の閲覧数:
  • 5575総訪問者数:
  • 10778総閲覧数:
  • 3.29一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2017/11/20カウント開始日:
PAGE TOP