もちろん脳だって鍛えれば強くなる、思考脳を作る「集中力」セミナー

2

巷では筋肉や筋力を鍛えるジムというのは数多(あまた)ある。でも思考力(脳)を鍛えるジムというものはなかなかないね。

ということで、脳を鍛える体感セミナーちゅうもんを開催してきた。

3

4

今回は僕が主宰しているSBアカデミーの受講生で姫路のかおりちゃんから要請があったため開催しました。

集まったのは小学生低学年のお子さまを持つヤングママたち。まあかおりちゃんの子供が小学2年生ということで、参加された人たちはそのママ友の広がり。

僕はこのメンタルトレーニングは、ビジネスシーンで思考力を鍛えるために「集中力」を強化するプログラムとして使っています。以前その研修を体験したかおりちゃんが、これは子育てのママたちにも役立つと提案して今回開催されたもの。そこへ講師として今日は呼ばれたという次第です。

子供のお母さんというのは、子供を成長させる所謂一番のコーチです。このコーチがまずは人間はどのようにすれば正しく成長するのか、というプロセスとそのコツを知る必要があります。

人間が成長する成長スパイラルに、どうすれば入ることが出来るのか、ということを聞くだけのセミナーではなく、それを実際やってみて体感として知るという体感型のセミナーです。

これを覚えると集中力が高まり、物事を理解する(概念を作る)脳の働きがまずはよくなる。そして12歳くらいまでの第2成長期の子供に、これを日頃からさせてあげると驚くほど学力が伸びる。例えるなら、学校の先生の授業を聞くだけで教えられることを理解し、成績も伸びるということだ。

僕は以前からビジネスのマーケティング理論を受講生に教える中で、教えたとたんそれを実行出来て成果が出せる人と、何度言っても全然理解出来ない人の違いがあることはわかっていたけど、それをどう改善すればいいのか、ということを模索していた。

色々と探してた処、人間の能力を向上させるメンタルトレーニングをしている会社とそのメソッドを開発した先生に出会った。そして実際僕自身もそこで理論的なセミナーを受けたり、トレーニングをした。(今でも定期的にトレーニングを受けている)

そのメンタルトレーニングを行っている会社はシンパシー・ユニオンという尼崎にある会社だ。その設立者は長谷川先生と言って、この先生が「集中力」を鍛えるオリジナルのメソッドを開発された。

今ではプロ、アマチュアを問わず一流のアスリートがそのトレーニングを普通に受けに通いに来る。誰でも知っている野球選手や、オリンピックの金メダリストたちもこの同じトレニーングを受けている。

この長谷川先生のメソッドはとにかく凄い。

人間の潜在能力は外的要因で伸ばすのではなく、内因子としてある細胞を意図的に変えることで人間の能力をUPさせるというもの。

最初は「ほんとかよぉ」と思うが、それを目の当たりにすると驚く以外にはない。なにせ骨折を数時間で治したり、女性の骨太を骨細胞のレベルを変化させて痩せさせたりする。

このメソッドを脳の発達に利用すると、前述したように子供の学力が伸びたり、歪んだ精神状態の引き篭もりや、登校拒否なども改善させることが出来る。

このメソッドをビジネスに活用させると、営業成績がまるでダメな営業マンを業界トップクラスの営業マンにすることも朝飯前。

今日行ったママさん向けの「集中力」を高めるトレニーングを盛り込んだセミナーの数時間でさえ、その最後には全員の「集中力」が高まっていた。これは同席していたかおりちゃんも見ていたので驚いていたよ。

このメソッドを教えるシンパシー・ユニオンは定期的にはじめての方でも参加出来る入り口的なセミナーを毎月数千円という安価で行っていますので、興味ある方はどうぞ勝手に行ってみて下さい。

シンパシー・ユニオンfacebookページはこちらをクリック
5

講義中の長谷川先生
6

セミナー後の記念撮影
7

関連記事

  1. 「恋愛」とは(2)

    恋愛という言葉は「恋」と「愛」という二文字で出来ています。そして順番が…

  2. 華のある人と無い人の違いは何処にあるか?

    人を見てよく「あの人は華がある」とか「実力はあるけど華がない」…

  3. 「病気」についての考察

    今回はまたえらい重い「お題」を貰ったものです(^^: このお題…

  4. 人生のライフコード・人生を解く鍵(1)

    人生にはライフコードというものがある。 (さらに&hell…

  5. スマホを置いて街に出よう!(スマホやSNSに潜む現代の危険性)

    僕が主宰しているビジネススクールでは、これから起業してインターネットを…

  6. 自分自身とつながる為の瞑想論(1)

    僕は十代の頃、映画監督と脚本家になりたかった。 習作時…

過去記事

ご訪問ありがとうございます!

  • 22現在の記事:
  • 29今日の訪問者数:
  • 41今日の閲覧数:
  • 6昨日の訪問者数:
  • 8昨日の閲覧数:
  • 6033総訪問者数:
  • 11484総閲覧数:
  • 11一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2017/11/20カウント開始日:
PAGE TOP